読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼ごっこですぐに捕まる派

その時、勝ったと思ったんだ。うまく逃げ切れたと思ったんだ。

 

けどやはりいつも一歩先で待ち構えている。

 

食卓を囲んで大切な者達と思い思いに過ごしていても、

有人宇宙船に搭乗して、銀河系や人間の儚さに魂を揺さぶられていても、

必ず奈落の底へと落としに迎えに来る

 

一番いやなのは

 

存在を完全に忘れ、一人でやっていけると、足を踏み出し始めても結局は赤信号となって動きを止められることだ。

 

 

タノム、ボクヲコレ以上クルシメナイデクレ。

 

 

何度頼めばいい?あと何回戦あるんだ?

 

環境や己を変えても逃げられない、敵わないのだ。

もしかしたら息を断つまで待ち構えているかもしれないな。いや先にむこうへと行くかもしれない。

 

 

いつか全てを奪われてしまうのではないかと不安で仕方がない、もう無理だ、ダメだと諦めそうになる。

 

 

 

(うああああああ この先どう繋ごうとりあえず保留。)